リキッドファンデーションを季節によって使い分けている体験談

乾燥肌ということもあり、通年のベースメイクはリキッドファンデーションを愛用しています。ですが、1年を通して同じものを使っているのではなく、季節によって使い分けるのが私のスタイルです。季節によって使い分けると、仕上がりや化粧持ちが良くなるので、乾燥肌の人は私の体験談が役に立つかもしれません。春と夏は、みずみずしいタイプのリキッドファンデーションが適しています。美肌の条件に水分と油分のバランスがありますが、春と夏は皮脂量も増えるので、水分量の多いさらっとした使い心地のものが肌に馴染みます。薄付きに塗った上に、パウダーをはたくとナチュラルな仕上がりになります。秋と冬は一番乾燥が気になる季節なので、クリームタイプのリキッドファンデーションがおすすめです。油分が多めでこってりとしたテクスチャーのものが肌にフィットしてなめらかさを演出します。また、乾燥から肌を守る働きもあるので、夕方になってもかさつきが気になりません。ただし、リキッドファンデーションを塗る前にしっかりとした保湿ケアをしておくことが大切です。時間がある時はシートマスクをして肌の保湿力を高めると、化粧ノリが良くなり、持続性にも効果があります。